新しい未来へ繋がるブログ

作品ができるまで・・・

サンドブラストってどんなのですか?
よく聞かれるのですが

サンドブラストは大雑把に言えば、
砂の研磨材を使って
ガラス等の表面を削っていきます。

研磨剤の大きさや、表面に吹きかける圧力の違いで
削れかた(彫り方)が変わってくるのですが
これはもう経験値でしか答えのない作業なのですが
今日は研磨するまでの工程をご紹介します。

ピアノ発表会の記念品を作成させて頂いた

ふるもりポポピアノ様のマグカップの工程です。

 

①デザイン作成

デザインは手書きでもOKですが、基本は白黒です。
私の場合はIllustratorやphotoshopを使って作成します。
作成したデザインは転写するためにトレーシングペーパーに印刷します。

koutei1

 

 

 

 

②マスク作成

次にマスクを作成します。

マスクとは・・分かりやすく言えば・・カメラのフィルムのようなもので
機械を使って、原稿をフィルムに焼き付けます。

原稿を置いたら,特殊な光をあてて

koutei4

こんな感じに転写されます。
現像する前に・・・

koutei5

 

 

 

 

三重構造になっている表面1枚のフィルムだけを剥がします。

③現像(洗い出し)

一番気を使う場面です。

これの成功、失敗が後の作業に大きく影響してしまいます。
先程の工程で色が白くなっている部分が削る部分ですが
このままだと削る事が出来ないので
アルカリ水溶液で白い部分だけを溶かしていきます。

koutei6

koutei7

これが季節によって溶解の仕方が違うので
温度調節や浸す時間を考慮しなければいけません。

koutei8

 

 

 

綺麗に溶解できたらこんな感じです。
後はマスクをしっかりと乾燥させていきます。

④マスクの貼り付け

あらかじめ専用の糊を貼っておいた素材に

マスクを貼ります。
緊張の瞬間です・・よがんだりすれば即アウト!・・・^^;

koutei9

 

 

 

マグカップやコップ等の丸みを帯びたものは
貼り付けが難しいので、切込みをいれて貼りやすくします。
ですので、一般的には面積の狭い彫り方をします。
が、私はいつも限界ギリギリまで挑戦(笑)

青い部分をピッタリと貼り付けるので綺麗に押していきます。
平面の場合はヘラで押していくので失敗は少ないです。
綺麗に貼り付けたら、三重構造の1枚を剥がします。

koutei10

 

 

 

真ん中にあったフィルムだけが残った状態です。
これで青い部分は削れない
マスクの無い部分は削れます。

⑤養生

写真を取るのを忘れてしまった~

マスクの無い部分は削れてしまうので、削りたくない部分を養生します。
これが2番目に大切な作業です。
甘い養生をしてしまうと、研磨時に剥がれて余計な場所が削れてしまい、
ここまでの工程が全て水の泡となってしまいます。

⑥ブラスト(研磨)

これも作業中の写真が取れなかったので
また次の機会に・・・
最後はブラストしていくのですが

machine1

 

 

 

この機械の中に素材をいれて、丸い穴から手をいれ
四角い覗き窓から研磨具合を見ながら
調節してブラストしていきます。

⑦完成

いよいよ完成です!
養生を外して、研磨剤やマスク、糊を綺麗に洗い流していきます。

koutei

 

 

 

 

 

乾くまでは完成度は確認出来ないので、この瞬間もドキドキです。

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP