新しい未来へ繋がるブログ

サンドブラストって何?

サンドブラスト工房と聞いてもイメージがつく人は少ないかもしれません。

そこで、サンドブラストってどんなもので、どんな事が出来るのかを

ご紹介したいと思います。

 

サンドブラスト

コンプレッサー等を用いて表面に砂などの研磨剤を吹き付ける加工法のことです。

ガラス工芸としては、表面彫刻・加飾の方法や加工後の擦りガラス状態等が、

化学腐食のエッチングに似ていることから、20世紀になって用いられだしましたた。

文字や絵柄を残したい部分のみマスキングを外し(もしくは掛け)、

サンドブラストを行なうと、対象部分がすりガラスとなって残るので、

グラスのような記念品等の名入れ等で利用されています。

 

それでは、我が社で頑張って働いてくれているスタッフをご紹介しましょう

■真ん中の背の高い機械machine1

2つある黒い丸の穴のから手を入れて上のガラス窓から中を覗き

研磨作業を行います。

■右下にある灰色の集塵機

もの凄い勢いで研磨剤が噴射されるので灰色のパイプを伝って

舞い上がった研磨した際に出るカスを吸い込んでくれる

■左下に見える機械は動力源

エアーコンプレッサーかルーツブロワ形式で音量やメンテナンスが

大きく変わるのですが、うちのはルーツブロワ形式です。

 

cutting

■手前に見えるのはカッティングマシーン

彼のおかげで彫りのアレンジが出来る頼れる仲間です。

■後ろにいる緑の四角いボックスは専用のプリンター

原稿を専用のマスクに露光させる機械です。

 

 

 

他にも頑張るスタッフがいますので、ゆっくり紹介していきます。

 

関連記事一覧

PAGE TOP